2012年03月23日

整体アロマのヤングハート

IMGP6081-2.jpg入口に置かれた色とりどりの
オイルボトルに思わず目を
奪われてしまいます。
ヤングハートさんは、
整体をされている旦那様と
アロマトリートメントを
されている奥様が、お二人で
運営されている癒しのお店です。

このボトルはkeikoさんのオーラソーマリーディングや
バースデーボトルメッセージに使われるものだそうで、
アロマトリートメントとあわせて心と身体をときほぐしていき、
本来の元気な姿を取り戻していくお手伝いをする・・・と
いうものだそうです。

IMGP6099-2.jpg
古い町屋を改装して、整体とアロマを別々のお座敷で
施術されておられるのですが、町屋特有の静かな
落ち着いた空間にいるだけで何となく優しい
ゆったりした気分になってきますので、
癒し空間好きな方におススメのスポットです。

またカラダの癒し、整体の施術は筋肉にアプローチする
痛くない整体なので、痛い思いはしたくないけど身体を
ほぐしてもらいたいという方も、安心です。
希望すれば骨盤矯正などもしてもらえますので、
気軽に相談してみて下さい。


ちなみに店名の「ヤングハート」とは、アメリカの平均年齢80歳の
おじいちゃん・おばあちゃん達のロックコーラスグループの名前で、
パワフルで面白くて、とにかく何より元気な彼らの姿を見て元気をもらったという
旦那様が、日本のおじいちゃんやおばあちゃんを元気にしたいという
思いでお店の名前にされたんだとか。
お話を聞かせていただいたあと整体体験をさせていただきましたが
ほんとに元気になりました。
おじいちゃん、おばあちゃんでない方ももちろん歓迎だそうです。



IMGP6095-2.jpg整体アロマのヤングハート

富田林市富田林町23−3
0721-25-7037
9:00~18:00(日曜は14時まで)
月・祝休
http://ameblo.jp/ka-7002/

posted by lino at 15:21| Comment(0) | お店いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

ぶぷれ BUPLE

IMGP6067-2.jpg
じないまちの真ん中あたりにある
じないまち交流館の向かいに
色んなお店が集まっている建物があります。
そこは八町茶屋さん、パン工房 泰(やす)さん、
蔵ギャラリーくすの木さんがあり、
芝生の緑がまぶしい中庭もあって、
とても素敵な空間です。

そこにもうひとつ、ステキ空間が出来ました。
大きなくすの木のある庭に面した、
フラワーアレンジメントレッスンとフラワーギフトの
ぶぷれ BUPLE」さんです。


レッスンはフリータイム予約制(水〜土曜日)で、自分の好きな時間で
お花と過ごす時間を作ることができます。
また、ギフトはご依頼主の方のイメージを伺って、それから
お花を仕入れて作られるとのことで、ご希望にそったギフトづくりを
されているそうです。
お花の生け込みのオーダーも出来るそうなので、
自分でお花は出来ないけれど、暮らしを花で彩りたい!という方は
相談してみてはいかがでしょう?


IMGP6063-2.jpg





ガラスの花器や雑貨、アクセサリーが並んだコーナーが
店内にあり、ここを楽しみに訪れる方もいらっしゃるとか。


また、毎月第二土曜日に開催される「花の市」では、
小さな多肉植物や野の花のような小さな花の咲く鉢もの、
ざっくりと大きな器に生けたらとても映えそうなくすんだグリーンの
枝ものもあれば、シックで落ち着いた色合いの花々が並びます。

日当たりのいい外の板壁の前に並んだ小さな花たちを見ていると、
庭いじりゴコロが目覚めてきますヨ。


IMGP6047-2.jpg


ぶぷれBUPLE
富田林市富田林町10-12
0721-21-3549
水・木・金・土 11:00〜19:00
日       11:00〜17:00
月・火お休み
http://buple.jugem.jp/

posted by lino at 15:24| Comment(0) | お店いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

-ヨーロッパのみの市と木のお店- たびもぐらカフェ

IMGP5551-2.jpg
お店のガラス戸からそっと覗き込むと、
ほの暗くて居心地の良さそうな不思議空間が
広がっているのが見えてきます。

こちらのお店は旅が大好きな店主さん達が、
仲間と一緒に自分たちでリノベーションした
カフェです。
建物は築100年の元お米屋さんだそうで、
黒い柱や土としっくい壁に囲まれた、
ユル〜い空気の漂うまったり感も
なるほどなぁとうなづけるのでした。
 


IMGP5552-2.jpg








お店の一角には窓辺のカウンター席や
旅の本を集めた棚があったり、旅先の蚤の市で見つけた、
なぜか愛おしい雑貨やおもちゃのコーナーがあったり、
和めるスペースがあちこちにあります。


IMGP5555-2.jpg







人の手を伝わりながらたびもぐらカフェにやってきた色んな「モノ」たちの
ストーリーを空想しながら、ゆっくりお茶などいかがでしょう。
季節限定の紅茶や、千早赤坂村の薬草茶庵「アムリタ」さんの
スペシャルブレンド“もぐら茶”などがスタンバイしてます。

また、毎月第二土曜日に開催されるスライド&トークショー
「たび・はなし」もチェック必須!
色んな旅人がご自身の旅の体験談を、写真を交えて語って下さいます。
詳細は旅もぐらカフェのブログでどうぞ ↓
        http://sugayuki.blog91.fc2.com/



-ヨーロッパのみの市と木のお店- たびもぐらカフェ
富田林市富田林町12の12
オープン日:土曜日
時間:11:00〜17:00  ※イベント時は夜も営業 
http://sugayuki.blog91.fc2.com/



posted by lino at 16:11| Comment(0) | お店いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

パン工房 泰

IMGP5401-2.JPG
じないまち交流館のお向かいに
オープンした
パン工房 泰(やす)さん。
お店にはお惣菜パンやおやつパン、
食パンやフランスパンも並んで
いますが、どこか懐かしいような、
優しい雰囲気のパン達が並びます。


IMGP5398-2.JPG
「毎日食べても飽きないような、
親しみやすいクセのないパンを
お届けしたい。」と店主さん。
地元の寺西養鶏場さんの
「さしみ卵」という美味しい卵を
使って作るこだわりのクリームパンは
おやつにもお土産にも良さそう。

当日出来立てのパンで作るサンドイッチは、ご近所の方が「他所とはパンが違う」と
よく買いに来られるそうです。
伺った日にはもう売り切れてしまってありませんでしたので、
サンドイッチ好きな方は、お早めに。
IMGP5408-2.JPG





パン工房 泰
富田林市富田林町10−12
рO721−25−8026
8:00 - 17:00(売り切れ次第閉店)
月曜休み(祝日の時は翌日休み)

posted by lino at 16:41| Comment(0) | お店いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

じないまち町家樂茶&Gallery 峯風庵

寺内町の東側にある展望広場からは
二上山から金剛山に至るまでの山並みを
見渡すことができ、麓を流れる石川の流れと共に
富田林寺内町を育んできた、大らかで優しい風土を
感じさせてくれます。
IMGP5414-2.JPG
そんな展望広場のすぐ前にあるのが
じないまち町屋樂茶&Gallery 峯風庵 です。

時代劇などで目にする箱火鉢ってご存知ですか?
峯風庵では、その大きな箱火鉢を炉として使うという
庵主の森由紀子さんが考案された
椅子席の茶事を楽しめます。

茶事は色んなコースが用意されていて、
いずれも箱火鉢と椅子席で、という堅苦しさのない
とても気軽に楽しめるものだそうで、
「お茶の楽しさを存分に味わっていただきたい」
という庵主さんの思いが伝わってきます。

店の間には和雑貨の小さなコーナーも設けられており、
予約制の茶事がない日には、庵主さんとお話したり
見学したり、明治2年に建てられた町家でゆっくりと
過ごすこともできるそうです。
ぜひ立ち寄って、じないまちらしい風情を楽しんで
みてください。
茶事のコースや予約方法などの詳細は、
右下の峯風庵さんのホームページでご確認ください。

IMGP5416-2.JPG
じないまち町家樂茶&Gallery
峯風庵

富田林市富田林町20−17
рO721−23−4635
金・土・日 オープン
11:00 - 17:00
http://www.wa-no-kokoro.jp/

posted by lino at 15:48| Comment(0) | お店いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

mame-ten-cafe

IMGP3497-2.JPG


11月にオープンした、自家製天然酵母と国産小麦のパン屋さんの
「mame-ten-cafe」
何て美味しそうなんでしょう・・・。




じないまちのメインストリート「城之門筋」の南の端の、
決して人通りが多いとはいえない場所に
こんな素敵なパン屋さんがあるのです。
まさに知る人ぞ知る、といった存在。

IMGP3533-2.JPG渋い町並みに溶け込んだ小さな町家を
オーナーさんが自ら漆喰塗りをしたり床を削ったり磨いたりして
改装して作られた小さなお店です。

お店の陳列棚には、天然酵母に声をかけながら一つひとつ
丁寧に作られたパンたちが、ところ狭しと並んでいます。
その色々あるパンやお菓子を眺めて選ぶだけでも楽しいうえに
お店にはパンを食べられるお座敷スペースがあり、
小さな庭を眺めたりしながらゆっくり過ごしたりできるのです。
美味しいコーヒーとパンを、じないまちの散歩コースにぜひどうぞ。



IMGP3542-2.JPG
mame-ten-cafe
富田林市富田林町17-45
12:00〜17:00
月・火曜日と、月の最終日曜日はお休み
http://blog.goo.ne.jp/mame-ten-cafe
posted by lino at 17:51| Comment(0) | お店いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

寺内町Classico


10月に寺内町にオープンした「寺内町Classico」。

築120年以上の元お米屋さんだった古民家で、
古くて美しいなあと思う古道具と、
新しいけれど和の技とデザインの日用品を
ご紹介しています。

展示会、お食事会にご利用できる貸し間の
運営もしております。

寺内町にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

no-title

寺内Classico
open: 金・土曜日 11:00〜18:00
(L.O.17時)
*1月と8月は休業

富田林市富田林町9−36
0721-24-1454
URL:http://www.j-classico.blog.ocn.ne.jp/

◆ ◆ ◆

posted by かえる at 23:38| Comment(0) | お店いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

月桃

IMGP2852-2.JPG
「月桃」と書いて「げっとう」さんは、
ナチュラルドライフラワーと
祭禮用品のお店です。

お店は「紅梅蔵」という、味醂蔵を改装してつくられた
複合店の一角にあり、古い建物の醸し出す重厚な雰囲気の中に、
優しい自然な色合いのドライフラワーのリースやアレンジメントが
さりげなく飾られていて、静かな落ち着いた空間を創り出しています。



IMGP2847-2.JPG




また、この「月桃」さんには別の顔があり、
南河内のだんじり祭に使われる団扇や染めの小物類などの
オリジナル制作を手がけておられます。
和柄の小物や色鮮やかな意匠が施された団扇が並ぶその空間は、
「蔵の中」という場所にとても似合っています。

店内には味醂製造時に使われていた巨大な甕が床に埋め込まれていて、
ガラス越しにその様子を見ることもでき、
高い天井を利用したロフトスペースも設けられていて、
今後色々と活用をしていかれるそうです。


IMGP2835-2.JPG
月桃
富田林市富田林町23−39
土・日・祝 オープン
11:00−17:00

posted by lino at 13:24| Comment(0) | お店いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

八町茶屋

IMGP9677.JPG







じないまちへやって来ると、ほぼ町の真ん中辺りに「じないまち交流館」という
じないまちの案内&休憩所があります。
その真向かいという、とても判りやすい場所に「八町茶屋」さんがあります。

もともと大きなクスノキの周りをぐるっと古い建物が取り囲み
何軒かの商店が入っていたのですが、どこも閉店したままになっていました。
その建物が修復され、お店を始められたのがこのお蕎麦やさんです。
以前と同じように何軒かが寄り添う複合店舗で、中庭の緑が
とても目に心地いい空間になっています。
建物の構造部分はそのまま使われており、大きな梁や柱を見ると
心がほんわりとしてしまいます。

そんな八町茶屋さんのおすすめは、何と言ってもざる蕎麦です。
洗ってシメた歯ごたえのいいお蕎麦がたっぷり。
あっさりとしたおだしで、つるつるっと一気に食べれてしまいます。

IMGP9675.JPG
そして、なくてはならないおやつが
南河内地域に伝わる「赤ねこ餅」。
その昔、田植えが終わったことに感謝して、
田植え前に収穫した小麦と去年収穫した
もち米を一緒についたものに、きな粉を
まぶして食べていました。

麦をまぜて餅をつくため生地が赤くなり、ついたもちをのし板にのせた様子が
赤ネコに見えたので「赤ねこ餅」と呼ばれるようになった・・・という
ほのぼのエピソードがあります。(*諸説ありますけども)
町歩きのおやつにぜひどうぞ。

八町茶屋
11:00−17:00 月曜休(祝日のときは火曜休)
富田林市富田林町10−12
рO721−25−0011
posted by lino at 14:23| Comment(0) | お店いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする